アクセスランキング 京都金杯2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

京都金杯2020 回顧 【元馬術選手のコラム】

京都金杯2020 回顧




ケイデンスコール

京都金杯1着。流石にインの穴馬に乗せると岩田騎手は怖い。荒れたイン側は空いており、逆に楽に競馬が出来ていた。キックバックも最小限だし、馬自体も馬場はあまり気にしないのかもね。

直線は一気に追った所で2着馬が追随して来ず、穴馬でマークが浅かった分をフルに活かした。穴馬の騎乗で穴馬の勝利と言った所で、一発感は否めないけど、今後もそこまでマークは厚く成らないだろうしまた沸かせてほしいね。




ピースワンパラディ

京都金杯2着。内枠から馬場の良い外に出してかなり上手い競馬はしていた。最初から最後まで1番人気馬をマークしていたけど、直線でもマークを外さず勝馬に追い遅れたのが響いた。脚勢優位で入線しているから、結果論だけど、前を捉まえに行っていれば勝ち負けしたんじゃないかな。

シュリ

京都金杯5着。元々そういう馬だけどちょっと掛かったのが痛かった。道中途中でメイケイダイハードと軽く接触した所でわぁっとなって位置を上げてしまいタメが作れなかった。福永騎手にブロックされて外にも出せなかったし、勝馬が競り出て来た所でブレーキをかけてそのまま止まってしまった。ちょっと乗り難しい所が出た。

レッドアネモス

京都金杯10着。普段の好位を捨てて自分のペースで走らせたのはジョッキー判断。結果論だけど、最初は勝馬の後ろにいたワケだからついて行っても面白かったんだろうけどね。3角で土の塊が当たった所でだいぶイヤそうにしていたし、この馬のデリケートな所が出た。

慣れない差し競馬でも脚はそこそこ使ってくれたし、ハマればもっとやれて良いハズ。

…出来れば牝馬限定重賞を使って欲しいな。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする