アクセスランキング フェアリーS2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

フェアリーS2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

フェアリーS2021 回顧




ファインルージュ

フェアリーS1着。序盤ガンっとしたスローで後方から早々に仕掛けた3番の馬がペースを引き上げてくれたおかげで後方有利になったのは大きかった。あそこでついて行かなかった判断は正解だったね。正直、バテ馬すくいの勝利な部分もあるから、これ以上となるともう少し様子見が必要かな。




ホウオウイクセル

フェアリーS2着。外枠で後方になったのは幸いしたと思う。3番の馬がかなり早めにマクっていったおかげで一気にペースが速くなって、前が自滅したレースだったから。掛かっていたけど、掛かっていたのも結果的にプラスだったと思う。抑えに徹した分、前に行かなかったから結局バテ馬をスクって2着まで上げられたからね。

テンハッピーローズ

フェアリーS4着。前にいた2番人気馬を意識したのか、ハイペースの流れの中で3角から動いてしまったのが響いた。能力のある馬ならそこから伸びたかも知れないけど、ちょっとこの馬では厳しかったかもね。タメに徹していればもっとやれていたと思うし、4着は戦術のアヤだと思う。割り増し要素はあるよ。

ベッラノーヴァ

フェアリーS3着。後方待機で前が潰れてくれる流れになったのは幸いした。展開恩恵が必要な追い込み馬としては理想的な競馬になったと思う。後方組の上位2頭には負けたけど、実力以上に良い結果は残せたと思う。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする