アクセスランキング 【京成杯2021】 最終追い切り所見  3/3 元馬術選手のコラム【競馬】

【京成杯2021】 最終追い切り所見  3/3 元馬術選手のコラム【競馬】

【京成杯2021】 最終追い切り所見  3/3

プラチナトレジャー、ブラックロータス、ミヤビハイディ、ラカン




プラチナトレジャー

美浦 南W やや重 水曜日  併せ 強め

5F65.7 4F51.3   3F38.3   1F12.8

東スポ2歳S4着。中団から自分の競馬をしてかなり追えていたけど、前の3頭は強かった。1勝馬しかいないここなら通用するとは思う。ただ、後ろから行くレースも多く、中山では信用しづらい。

ムチが入っていた割には叩かれてからの反応はもう一つ。元々ちょっと頑健というか茫然としている所のある馬だし、こんなモンかも知れないな。自分から競馬をする馬ではないし、器用さが必要なこのコースはどうか。

38点

ブラックロータス

新馬戦1着。出遅れからずーっとグイグイ脚を使いまくった上に、1周まるまる外を通るなどロスをかなり被る競馬でも勝利。強い内容だったね。芝替わりはやってみないと何ともだけど、562という体重を考えると微妙か。




ミヤビハイディ

美浦 坂路 良 水曜日  併せ 馬なり

4F56.5 3F39.2 2F24.8 1F12.3 

未勝利戦1着。後続をそれなりに離したとは言え、楽勝にはほど遠いほど追っていたし、どうかな。前に行くレースを続けているし、中山では安心できる脚質。

最後の登りで脚勢を強めてはいたけど、4F56.5ならそうなってくれないと話にならないので、これは普通の事。併せても抜きにまでは行って無いし、ヘッドが高いフォームなのもどうか。良くは見えないな。

20点

ラカン

未勝利戦1着。後方から一気に動く好騎乗で終いを伸ばして仕留めた。出遅れが多いので後方は覚悟だけど、前回同様、中途半端にならず思い切りの良いレースができれば。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする