アクセスランキング 京成杯2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

京成杯2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

京成杯2021 回顧




グラティアス

京成杯1着。楽々抜け出して強い内容だった。馬場の悪い所は直線で通ったけど、ペースがかなり遅く脚が残っていた分、馬が止まらなかったのもあるだろう。このペースでも折り合いは楽そうだったし、距離そのものは問題なさそう。もう一段、骨っぽい相手と戦ったても喰らい付ける感触だったね。楽しみ。




タイムトゥヘヴン

京成杯2着。挙動の安定しない馬なので、逃げて他馬のいない状況を作ったのは良い判断だったと思う。ペースもスロー、直線も馬場の良い所に出すで、完璧に乗ったんじゃないかな。あれで負けたのなら相手が強い。

テンバガー

京成杯2着。出遅れてしまい、やや位置取りを下げたのがスローで響いた。脚の使い出しも早かったし、ロスも発生した。このペースだと後ろにされるとキツいね。

タイソウ

京成杯6着。スローでかなり良い位置にいて、3角から後退して終いはバテた感じだった。実力的に不足していたと思う。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする