アクセスランキング AJCC2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

AJCC2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

AJCC2021 回顧




アリストテレス

AJCC1着。難なく良いスタートを切って、外から来た馬達を壁にして折り合いを作りながら、しかもロスを完璧に防ぐ最高の騎乗だった。変にクセが無い分、この何かと制約がつく馬場でもキレイに競馬が出来た印象だね。4角上がって行く所でもムチは全く入れていなかったし、苦戦している所はなかった。この感じなら距離が伸びても大丈夫そうだし、天皇賞春とかで楽しめそう。

ヴェルトライゼンデ

AJCC2着。アリストテレスをマークできる位置関係まで序盤で持って行ったのは上手かった。脚質的に後方タメありきなので、アリストより前では競馬が出来ないのであそこがべスポジのハズ。不良馬場で走りにくかったのか直線で手前を替えなかった分、アリストテレスに離されたね。最後の最後でポンと手前を替えて伸びていたし、馬場は影響を与えていたかも。

この馬の競馬は出来たし、今回は相手が見事だった。

ラストドラフト

AJCC3着。勝負所で上位二頭に無暗について行かなかった分、温存が利いて最後まで脚が使えた。勝ちに行くなら喰らい付くべきだろうけど、この馬場で相手が崩れてくれる可能性も期待出来ただろうし、自馬の脚を持たせて最後でって判断もあるだろうし、判断としては十分アリだったと思う。

サトノフラッグ

AJCC11着。位置取りがいくら何でも後ろ過ぎた。序盤でアリストテレス→ヴェルトライゼンデ→の位置を取れていたけど、外が欲しかったのか離れて行ってしまったのが完全に裏目。

勿論馬群に入れて上手く行った保証はないにせよ、脚の減りが速い不良馬場で最後方から4角で勝負手まで進出させた所で脚を使い切ってしまい、試合終了。巻き返しの利く内容には見えた。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする