アクセスランキング 根岸S2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

根岸S2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

根岸S2021 回顧




レッドルゼル

根岸S1着。内でひらすらタメに徹したね。次戦も見据えた文句なしの好騎乗だった。迂闊に3~4角で動いて終いを浅くしてしまうより、タイムフライヤーをマークして最後の最後に勝負を賭けるエキサイティングな騎乗だった。全く動かなかった分、最後の弾けは強烈だったし、このイメージで本番も望めるだろうし、文句なしの競馬だった。

ワンダーリーデル

根岸S2着。シンガリに下げて後方から直線一気を狙う、穴競馬が見事にハマった。砂塵が殆ど上がらない馬場状態だったし脚をタメたのは活きたね。前の総崩れに乗じた見事な競馬だった。一撃感が強く、次戦もこう上手く行くとは限らない。

タイムフライヤー

根岸S3着。ルメール騎手らしい、無駄のないコース取りから直線素早く進路を確保するスマートでかなり上手い競馬だった。ただ、堅実に行った分、タメにタメた上位2頭を凌ぎ切れなかった。どうしても決め手もう一つな分、堅実にコーナーで脚を使ってしまうと浅くなる。人気馬の騎乗で勝てる馬では無かったという事だろう。

アルクトス

根岸S4着。4角でインに潜ったのが運のツキ。勝ち筋が見えていたのか、賭けだったのか分からないけど、結局壁に阻まれてかなりの追い遅れになってしまった。外がガラ空きだっただけに鞍上も悔しい騎乗になったと思う。最後は十分伸びていたし、引き続き注目。

ステルヴィオ

根岸S10着。後方がハマる展開になったのに全く冴えが出なかった。馬は最後の方まで頑張っていたけど加速一息という感じで、ダートに阻まれて思う様に加速できていなかった様に見えた。最後は浅くなって止まってしまったし、芝の方がやはりよいのかなと思った。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする