アクセスランキング 【東京新聞杯2021】 最終追い切り所見  1/3 元馬術選手のコラム【競馬】

【東京新聞杯2021】 最終追い切り所見  1/3 元馬術選手のコラム【競馬】

【東京新聞杯2021】 最終追い切り所見  1/3

ヴァンドギャルド、ヴェロックス、エメラルファイト、エントシャイデン、カテドラル

、カラテ




ヴァンドギャルド

栗東 芝 重 水曜日  単 馬なり

4F52.9 3F37.8 1F11.9

マイルCS6着。外枠から上手く内に入れて上手い競馬をしていたと思う。上り競馬で少し後ろにいたのは響いたにせよ、それでもあのメンバー相手に6着なら十分強い。開幕2週目がどうかだけど、注目の一頭には変わりない。

時計はコンマ1秒、想定より速くなったんだと思う。馬なりでスッキリ終わらせられているし、仕上がっている証拠だね。落ち着いた気配で気負う所もないし、ちゃんとタメが作れると思う。面白そう。

86点

ヴェロックス

栗東 CW 重 水曜日  単 強め

6F85.4 5F68.3 4F52.6 3F38.9 1F11.8

日経新春杯9着。どうもここの所ゲート内での駐立が揃わず、スタートで後手気味になりやすい。前回は掛かっていたし、終い伸びないのも当然かな。最近は以前の競馬上手な所は消えて来ているし、ここもどうか。

単走の分、自発的に行けていない所は気になる。左前の出方が少し浅いし、フォーム的にも見映えがしない所があるね。時計は結構出ているし能力は感じるけど、馬っぷりという点で少しマイナス。

74点




エメラルファイト

美浦 南W やや重 水曜日  単 一杯

5F67.8 4F53.2 3F39.2 1F13.2

ポルックスS14着。インビタの競馬が決まっていた。ロスも無ければ折り合いもまともだったし、これで勝負所で脱落するのでは見込めない。芝に戻して少しでも前進を。

ムチを構えられても馬の気配が変わらず、完全にナメきっている。調教ではムチを体に当てられる事が無いのを見抜いて手を抜いているね。レースでもまさにそんな感じだし、この手応えでは。

2点

エントシャイデン

栗東 CW 重 水曜日  単 一杯

4F50.6 3F37.0 1F11.8

京都金杯3着。逃げ馬不在のレースを逆手に取ったのか、思い切って逃げて見事に3着。スローに持ち込んだ部分はあるけど、開幕2週目だし再現は狙えるかも。注意は必要だと思う。

メイチもメイチで飛ばしているし、やはりまた逃げるつもりなのかな。後方でもラチが開かない所はあったし、馬場の良い状態を活かして前で頑張らせれるのもありかも。枠関係次第で狙ってみたい。

70点

カテドラル

栗東 坂路 重 水曜日  単 馬なり

4F55.1 3F39.9 2F25.4 1F12.0

キャピタルS9着。先行策に出るも、脚を前半で使う作戦が合わなかったのか、直線は見せ場なく敗退。33秒台を割と苦も無く使ってくる馬だし、後方から一発を狙う競馬の方が目があるかも。

残り200mまでキュっと抑えて、終いで時計を出すスタイル。後方から末脚に賭ける競馬だろう。ハマればあるタイプだし、オッズ次第で抑えてみるのも手。

56点

カラテ

美浦 坂路 良 水曜日  単 やや強め

4F50.7 3F37.0 2F24.6 1F12.5

若潮S1着。押し切りに行くムダのある競馬でも最後まで伸びて勝っており強い内容。鞍上の動き出しが明らかに早く、重賞では狙い撃ちにされる恐れがある。乗り替わりの方がチャンスはある。タメて一気の競馬ならば。

少し追うだけでのびのび反応しており好感度は高い。時計も文句なしに速い上に、折り合いも問題なさそう。キチンとメリハリをつけて競馬をしてあげれば、このメンバーでも。

91点







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする