アクセスランキング 【東京新聞杯2021】 最終追い切り所見  2/3 元馬術選手のコラム【競馬】

【東京新聞杯2021】 最終追い切り所見  2/3 元馬術選手のコラム【競馬】

【東京新聞杯2021】 最終追い切り所見  2/3

サトノアーサー、サトノインプレッサ、サトノウィザード、サムシングジャスト、シャドウディーヴァ、ショウナンライズ




サトノアーサー

栗東 坂路 重 水曜日  単 馬なり

4F54.4 3F39.3 2F25.3 1F12.2

京都金杯15着。外枠から4角で勝負できる所まで持って行ったけど、直線全くハミを取らずトボトボして後退。不良馬場で勝っている馬だけど、馬場が悪い分もあったと思う。開幕週で馬場が頑健な方が多分合ってると思う。

多少掛かる気配が戻って来ており、そういう気配の方が走っている場合が多い馬なので、良い傾向だと思う。54.4秒-12.2秒とタメを利かせられているみたいだし、人気次第で一考も。

72点

サトノインプレッサ

栗東 坂路 重 水曜日  併せ 強め

4F52.5 3F38.0 2F25.0 1F12.7

日経新春杯7着。スタート直後に狭くなって後退(加害騎手は戒告)。それに加えて掛かってしまうなど、序盤から渋い展開になった。そこそこ脚は使っていたし、まともな競馬ならと思える内容。短縮は歓迎だと思うし、一発を。

馬が右に張ってしまって、真っすぐ追えず僚馬に遅れてしまった。時計自体は出てるんだけど、どうかな。珍しく不真面目な感じが出ていたね。ハミにモタれかかるのはいつもの事で気にしない。前回の方が良く見える。

54点




サトノウィザード

※追い切り映像は無し

ニューイヤーS4着。大出遅れから早めに脚を使っても4着まで喰い込めるなど、見せ場は作った。前回ほどまでとはいかなくても出遅れの常連だし、初重賞でそのビハインドを覆せるかは疑問。脚は持っているのでまともに出ればここでも。

サムシングジャスト

※追い切り映像は無し

エリザベス女王9着。内枠を利して最内を突き進んで、最後まで気勢を失わず良く走っている。GⅠ9着なら上々の出来じゃないかな。前回同様内枠に入ってハマればの競馬なら、開幕週を利して前進も。

シャドウディーヴァ

美浦 坂路 良 水曜日  併せ 馬なり

4F53.4 3F39.2 2F25.4 1F12.3

エリザベス女王8着。イン突きを上手く決めた。ただ、馬群を嫌っている所もあったし、もっと堅実なコース取りの方がトータルで良かったかも思う所はある。折り合いが若干難しい分、短縮は歓迎。

追い切りは前回感じたのと同じで、掛かりそうではあるものの僚馬とちゃんと競れている点もあり、一概に悪いとは言い切れない。GⅠ8着だし、短縮も相まってここは見せ場を作ってくるかも。

70点







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする