アクセスランキング きさらぎ賞2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

きさらぎ賞2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

きさらぎ賞2021 回顧




ラーゴム

きさらぎ賞1着。イン突きが見事に功を奏した。折り合いに難がある馬だから外には出したくなかったのかも知れないな。4角でも前が開くとスッと間に入ってしまっており、お父さんのオルフェーヴル同様に色々気にせず走ってしまう事に加えて、ちょっとコントロールがつきづらい所はある。

最後は荒れ馬場から外にだして加速を促した北村騎手のエスコートは光ったし、後方からヨーホーレイクが来た所でもう一伸びしている馬も偉かった。

ヨーホーレイク

きさらぎ賞2着。内枠から外めを狙った分、後方になってしまった。序盤接触があっても雰囲気が乱れないなど、馬っぷりは引き続き良好。外から早めに仕掛けても終い止まっていないどころか伸びているし、内容としては良い部類。

ランドオブリバティ

きさらぎ賞3着。序盤で8番に当てられて後方になった上に掛かったのは痛かった。前走の事があったので3角から追って上げていく事も出来ず、コーナーを回ってからの競馬になった。それでも3着まで来ているのは能力分だろうね。

道中はずっと内にハミを掛けられながらの競馬だった。直線はかなり真っすぐ走っていたし、まず改善はあると思う。ただ、今後もホープフルの事は頭をよぎるんじゃないかと思う。思い切ったレースが出来るかどうか。

ダノンジェネラル

きさらぎ賞7着。直線で8番にぶつけられて一気に手応えを喪失。余力たっぷりと言うワケでもなかったからまともでも知れていたかも知れないけど、あれが無ければもっとやれてはいたハズ。追い出しをジックリ待ってタメに徹したのが裏目に出て、進路を確保できなかったのも響いた。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする