アクセスランキング 東京新聞杯2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

東京新聞杯2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

きさらぎ賞2021 回顧




カラテ

東京新聞杯1着。仕掛けの早いジョッキーだからどうかと思ってたけど、馬群に入っていた分、無駄脚を使わずにタメに徹せられた印象。流石に包まれて慌ててはいた様子だけど、上手い事最後は開いて丁度良い所から一気に追えた。最後は馬が手前を替えてもう一伸びしてくれたのも大きいね。

今日みたいにタメて一気の競馬が出来れば、また重賞で見せ場はあるハズ。鞍上の成長にも期待だね。

カテドラル

東京新聞杯2着。穴人気を利して後方でひっそり待機して息を温存。コースロスも全く無かったし、開き直って最高の競馬が出来たと思う。一気に追えば鋭い脚を使える馬だし、今回は見事にそれが引き出せたね。今後もこの一発狙いを続ければ、また重賞で一撃も。

シャドウディーヴァ

東京新聞杯3着。岩田騎手必殺にイン突きが出来ず、普通に回る勝負になったけど、それでこれだけやれるんだから大したもの。最後は岩田騎手にガッツリとトントンされてヘッドアップしていた。普通に追ってた方が速く走れたと思う。2着との着差がアタマ差だったし、今回に関して言えば岩田騎手でない方が良かったかも分からないね。

ヴァンドギャルド

東京新聞杯4着。難なく先手に付けて、無難に回っていた。直線も自分のタイミングで追えていたし、これで負けたならあまり文句はないと思う。後方から一気のキレ脚を使える馬だし、控えても面白かったかもしれないけど、こればかりは後出しじゃんけんの話になる。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする