アクセスランキング クイーンカップ2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

クイーンカップ2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

クイーンカップ2021 回顧




アカイトリノムスメ

クイーンC1着。ソツのないコース取りでキッチリ勝ち切った。この内容なら実力勝ちだし、クラシックでも楽しめそう。勝負所でククナを閉じ込めつつの競馬をした戸崎騎手も見事だった。何度かリフレイムに張り出しを喰らっていたけど、嫌がらず走っていたのも見逃せないな。

アールドヴィーヴル

クイーンC2着。勝馬の後方と言うかなり良い位置を取って競馬が出来ていた。結果的に勝馬の前で…とも思うけど、枠の兼ね合いもあるし致し方ない所だろう。勝負所でククナを閉じ込めて追い遅れさせた分が結果に結びついたと思う。賞金も積みませたし、意義の大きい結果。もう少し相手が強くてもやれるハズ。

それと現状では少し、他馬を気にするかもな。

ククナ

クイーンC3着。出遅れて位置取りが能動的にならなかった(するつもりもなかったかもだけど)分、インで待機する展開になった。タメを作る上ではそれで良かったんだけど、勝負所で上位2頭に揃って締め付けを喰らって追い遅れたのが痛手。割り増せる内容ではあるけど、賞金が加算できなかったのは何とも痛い。

リフレイム

クイーンC13着。この馬らしい、外に張り出す道中になってしまい、勝馬(アカイトリノムスメ)迷惑をかける形になってしまった。直線も外張り出しはあったし、まだまだクセは残っているね。最後は躓いて失速とどうにもスムーズに競馬が出来ない。しばらく良化待ちかな。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする