アクセスランキング 共同通信杯2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

共同通信杯2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

共同通信杯2021 回顧




エフフォーリア

共同通信杯1着。スローで前目にいられた分はあったにせよ、直線は後続を突き放してこのメンバーでもモノが違う所を見せての勝利。一頭になってもムチに応えて伸び続けており、闘志を失わないのは頼もしい。ただ、こういう馬特有の「併せて競る」見たいな所はあまり感じないな。ディープインパクト見たいに突き抜け勝ちさせる方が走るかも。接戦は現状の雰囲気はでは不得手かも。

前回に続いて横山武史騎手が手綱を詰めて乗っていた。掛かってはいないけど、折り合い面は気になる所だろうね。

ヴィクティファルス

共同通信杯2着。出遅れて後方になりながらエフフォーリアの2着だし、力は示した。エフフォーリアより先にアクセルを踏んで一鞭で離されているんだから相手が強かったとしか言いようがない。

シャフリヤール

共同通信杯3着。府中1800mの外枠ゆえにインに入れず後方で回らさせられてしまったし、上位7頭までが33秒台を使う上りの競馬では、直線後方から追っても追っても届かないのは致し方ない部分はある。併せてかなり頑張っていたし、行ける馬だと思うけどね。重賞で引き続き期待。

ステラヴェローチェ

共同通信杯5着。内枠で進路を見出せない競馬になってしまった。スローペースだった分、勝負所のバラけが発生しにくく、2着馬にも強めにチャージされ追い遅れどころか、まともに追える所すらなかった。最後まで脚は確り使えているし、ここは度外視出来る。

レフトゥバーズ

共同通信杯9着。出遅れ+寄せにあってしまい後方に。スローだった分、これは致命的だった。4角~直線も2着馬にガッチリと蓋をされてしまい進路がなく、一発もムチを使えないなど不完全燃焼の内容。小柄な牝馬でどうしてもカチ負けてしまう所はあった。しばらくは牝馬限定路線の方が良さそう。33.9秒をムチを使わず使えてはおりので、能力はやはりあると思う。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする