アクセスランキング 京都記念2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

京都記念2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

京都記念2021 回顧




ラヴズオンリーユー

京都記念1着。ゲート内でハナ向けをし合うなど、気負う所はなく気分的には余力があったみたい。手綱ブランブランで折り合いもついていてたし、馬場が良い事もあって気分良く走れていたんじゃないかな。持ち前のロングスパートも決まったし、久しぶりにこの馬の走りが出来たという事だと思う。

ただ、この勝ちっぷりではGⅠを再度とはならない点には注意。

ステイフーリッシュ

京都記念2着。速めに飛ばしたけど、馬場が良い分、気分よく言った分なのか、直線でも手応えを残して入って来れた。道に反応して粘れていたし、勝馬が来たところでも脚勢を回復させるなど、脱帽の走り。これだけ戦歴のある馬だと手を抜いてもいおかしくないんだけど、本当に真面目に走るよね。

ワグネリアン

京都記念5着。折り合いを気にして追っつけず位置取りが馬なりになるのは、この馬ではいつもの事。ただ、今回に関しては折り合いがつきすぎてしまったくらいで、勝負所で推して行ってもハミを全く取らずで全く闘志を感じなかった。結果論だけど、もっとガンガン気合をつけて行った方が走ったかも知れないね。

以前より馬がおとなしくなってきているのかな。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする