アクセスランキング 中山記念2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

中山記念2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

中山記念2021 回顧




ヒシイグアス

中山記念1着。好位からキッチリ差し切る王道の競馬だった。この競馬、この勝ち方が出来るなら陣営も太鼓判を押してGⅠに送りだせるだろう。最後にケイデンスコールと併せて鋭く伸びた勝負根性も立派。スピード・併せた時のポテンシャルを見せたレースで強さを示した。

脚力はやはり本物。

ケイデンスコール

中山記念2着。前回同様インでタメに徹して直線一気に追う、岩田騎手の競馬が出来ていた。馬場状態の良い中で良いも最後は開いたし最高の競馬をしていたと思う。内から突破する分、勝馬より早仕掛けになってしまった分、最後は決め手の差でかわされた。この競馬で2戦善戦しているし、重賞で一発狙いすれば、今後も。

ウインイクシード

中山記念3着。外枠からガッツリ出して行って1000m通過57.8秒で最後まで粘るんだから強い。もっと内枠だったと思うと惜しいね。前で良い感じで粘れているし、今後もこの位の距離の重賞なら。ペースさえ落とせれば勝ちが巡ってくるだけの粘りは持っている。

ゴーフォザサミット

中山記念4着。不振続きの馬がここでいきなりこんなに動くとは全く思わなかった。いつもは4角で脱落するのに、蛯名騎手の気合に応えて伸びてくれていた。もう本当に、不思議としか言いようがない。こういう事もあるんだね。

バビッド

中山記念14着。ハラを括った決め打ちの逃げを敢行するも、外からウインイクシードにしつこく絡まれて消耗を強要された。ペースを意識せず飛ばしたのはこの馬としては良い判断だったと思う。カタにハマらないとそれまでだし、単騎に行けなかったのが全て。

クラージュゲリエ

中山記念9着。4角でムチが入って頭も上がってしまったし、完全な実力負け。前回はそこそこのペースで好位で回れた分だと思う。馬が最近はノンビリしているし、スピードの要する馬場・距離は合わないかも。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする