アクセスランキング 阪急杯2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

阪急杯2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

阪急杯2021 回顧




レシステンシア

阪急杯1着。持ち前のスタート力を発揮して殆ど押っ付ける事なく、前目が取れた。他にもがっついて行く馬がいなかった分、ペースも落ち着いたし上手くカタが作れた。序盤が素早い分、競馬を作れるのが強みだね。ペース・展開全てハマった部分があるから、評価しすぎと言うワケにも行かないけど、本番もこの展開に持ち込めれば。

ミッキーブリランテ

阪急杯2着。前が最速上りを使う展開で前目にいられたのは大きい。このペースなら本気はちゃんと出せるという事じゃないかな。前回に続いて併せて伸びる所が戻って来ており、今後復調してくるかも知れないな。いずれにせよ、位置取りの差=着順の差みたいなレースだったので、課題評価は禁物。

ジャンダルム

阪急杯3着。一気に前に出して行って、ペースもスローになってドンピシャの競馬になった。直線、前を追うでもなく、併せられて競るでもなく淡泊なところは出た。ブリンカー着けて来れなんだし、やはり他馬と併せると頑張らないんだろな。

インディチャンプ

阪急杯4着。とにかく折り合いを着けるためか、位置取りをくれてやって堅実に乗ったよ。4角も外だったし、人気馬の騎乗、本番前の脚慣らしと言う騎乗だった。前が止まってくれず、追って中々届かずでしんどいて展開になった。それであれだけやれるんだし、本番も要警戒。

ダノンファンタジー

阪急杯5着。出遅れが痛恨。っと言ってもゲート内の駐立もかなり悪かったし、これがこの馬と言えばある意味でそれまで。ペースが遅くなってしまい、後方からでは全く届かない競馬だった。末脚自体は凄まじいものがあるけど、不発も多い馬で、この馬らしいレースにはなった。リズムよく行けばいつ巻き返して来てもおかしくはない。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする