アクセスランキング チューリップ賞2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

チューリップ賞2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

チューリップ賞2021 回顧




メイケイエール

チューリップ賞1着。まさかの手控えを選択。賞金がある分、本番を見据えて馬群を試そうとしてのかな。結局は全くまとめられずにやはり馬群を避けた競馬がベターだと言う事が改めて分かった。序盤あれだけ冷静さを欠いて、終いは尚もムチに反応して伸びているんだから同着とは言え大したもの。

本番は自分の競馬に徹すれば良いと分かった分、吹っ切れたかも。

エリザベスタワー

チューリップ賞1着。序盤で当てられて若干かかり、その後近くにいたメイケイエールの雰囲気に驚いていた様だけど、インを回してロスの無い競馬をしていた。直線もインにいたけど自分のタイミングで一気に追えたし、これで同着なら上出来と考えるべきだろう。この脚力でGⅠはどうかとは率直に思った。

ストゥーティ

チューリップ賞3着。自分のペースで良い所までは逃げられてカタにハメる競馬は出来ていた。メイケイエールに交わされた所で幾らかテンションが上がった分、最後の差に繋がったかも。終いでもう一度手前を替えていたけど、ここで2回ノメるなど、右手前はもしかしたら少しバランスが悪いかも知れないな。

タガノディアーナ

チューリップ賞4着。外枠から内に入れず、後方気味になったのは前残りの展開では痛かった。一番上りの33.9秒で使ってるんだけどね。ムチが尋常じゃないくらい連打で入っており、もう一つエンジンが掛かり切らなかったか。追い切りでも併せて緩慢な所はあるし、相手なりになってしまう所があるのかも知れないな。

シャーレイポピー

チューリップ賞5着。キレイに先手を取って一番上手く回れていたと思う。これで5着なら実力だろう。4角、馬が驚いたのか、鞍上の意図なのか、メイケイエールに進路を譲っていたのはどう見るかな。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする