アクセスランキング 【金鯱賞2021】 最終追い切り所見  1/2 元馬術選手のコラム【競馬】

【金鯱賞2021】 最終追い切り所見  1/2 元馬術選手のコラム【競馬】

【金鯱賞2021】  最終追い切り所見  1/2

キセキ、ギベオン、グローリーヴェイズ、サトノフラッグ、サンレイポケット




キセキ

栗東 坂路 重 水曜日  併せ 強め

4F52.8 3F38.3 2F25.2 1F12.8

有馬記念12着。出脚がつかず後方になりマクって消耗した。ただ、シンドそうになってる所が見られなかったし、やはり馬が程々の所で加減しているかも。まともに出ればGⅠでも見せ場は作れているし、ここもリズムに乗れるか。

僚馬が止まった所を気を抜いてしまったけど、リードして貰っている時は自分から併せて行っており、淡泊な気配のキセキにしては競走馬らしい動きが出来ていた。本番での負荷がかかった時にそれでも頑張るかどうかは未知数だけど、この馬の追い切りとしては良い部類。

86点

ギベオン

栗東 CW 良 水曜日  単 馬なり

5F72.1 4F55.4 3F40.1 1F13.0

白富士S5着。インで狭い所で待たされてムチを一回も使えずの敗北。もし自分のタイミングで追えていれば(主観だけど)勝ち負け出来るだけの手応えはあったと思うし、久しぶりに見せ場はあった。上りりを使えているレースもいくつかあるし、見限れない。

フォームは整っているし、終いは行こうと自分から動いてくれていた。時計もキッチリ72.0-55.5-40.0-13.0を落ち着いてだせており、折り合いに心配なし。後肢が確りお腹の下まで入っているのもヤル気を感じさせるね。

90点




グローリーヴェイズ

美浦 南W 良 水曜日  併せ 強め

5F66.1 4F51.8 3F38.4 1F12.5

ジャパンカップ5着。直線2番手にいたのに350m一気に追ったのが裏目。馬が驚いて馬場の悪いインに入ってしまった上に、終いでムチを使える余力もなくなってしまい、後続に交わされた。上手く後方を警戒していれば、2・3着もあったかも知れいないな。

この時計でも息を切らさず楽々僚馬を制しており、好感度の高い動きをしている。最終でこれだけ攻めても掛からないという安心感がある馬だし、遠慮なく仕上げられるのも強み。緒戦から狙えそうな動き。

95点

サトノフラッグ

美浦 南W 良 水曜日  併せ 強め

5F63.8 4F48.9 3F35.9 1F12.2

AJCC11着。位置取りがいくら何でも後ろ過ぎた。外が欲しかったのか離れて行ってしまったのが完全に裏目。脚の減りが速い不良馬場で最後方から4角で勝負手まで進出させた所で脚を使い切ってしまい、試合終了。それだけに巻き返しの利く内容には見えた。

二週続けてストライドが縮んだ小手先の走りになっており、特に一週前はムチ牽制が入っても手応えが良化しないなど、いつものこの馬らしさは無かった。ちょっと急づくりな印象はある。一旦ファームで15秒から作り直した方が前進してくるかも。

49点

サンレイポケット

栗東 坂路 重 水曜日  併せ 強め

4F53.8 3F39.8 2F25.9 1F12.4

白富士S2着。東京2000mで大外枠からインを確保するために、後方に控えて勝機を狙ったが、追い込んで届かず2着まで。ロスの無い競馬が出来た勝馬に肉薄していたし、五分の展開なら勝てているとも思える内容のある競馬。末脚は何度も見せており、ここでもチャンスは。

終いで鋭い動きをしているし、差し馬としての動きとしては文句なし。一週前も馬なりで5F64.4秒とかなりの時計を出しているし、上げて来ている様に見える。後はこのメンバーとの力関係。安定しているのは頼もしい。

97点







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする