アクセスランキング 日経新春杯2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

日経新春杯2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

日経新春杯2021 回顧




ショウリュウイクゾ

日経新春杯1着。1・2番人気の外で馬場の悪くない所を折り合って回す結構良い運びだった。4角で早めに動いたのも勝ちに行く試みで良かったと言えるんじゃないかな。穴人気だから上位馬と同時に仕掛けると競り負ける恐れがあったからね。

最後までムチに応じて馬は伸びていたし、斤量分もあったとは言え強い内容だったね。前を追うより後続から来られた方が頑張っている。先行策の方が光りそう。




ミスマンマミーア

日経新春杯2着。この馬の戦術である後方待機の決め打ちから最短経路で直線外に出し、一気に追い込む、これぞ直線一気と言う競馬。ペースも速くはなかったし、これは弾けたね。斤量分は当然あったと思うし、馬場の差もあったと思う。

クラージュゲリエ

日経新春杯3着。堅実に回って力は出し切ったと思う。福永騎手らしい、教科書通りの非の打ち所の無い競馬だった。斤量分はあったかも知れないけど、まずここは完敗。

アドマイヤビルゴ

日経新春杯10着。序盤からスンナリ位置を取ってロスなく進めた。少し噛んではいたけど、許容範囲内だったと思うし、実力の出せる騎乗だったと思う。馬場は気になったかも知れないけど、この日はインはまだまだ伸びていた。単純に実力不足かな…。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする