アクセスランキング 中山牝馬S2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

中山牝馬S2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

中山牝馬S2021 回顧




ランブリングアレー

中山牝馬S1着。開幕週の不良馬場という難しいコンディションで鞍上武豊騎手が大外通しを選択。馬場の痛んでいない所を終始通った分が最後の伸びに繋がった。ただ、まだ踏み荒れていないインを通った馬も頑張れていたレースだし、イン前で進むのも好手だったレースだと思う。

400mから一気に追う、キチンと終いで手前を替えるという不良馬場でも脚を残せる競馬をしており人馬とも見事なレースだったと思う。

ロザムール

中山牝馬S2着。馬場の荒れにくいラチ際ギリギリを通る、逃げ馬あるあるの戦術に徹した。芝の成育が良好な所を通れてた分と不良馬場の軽斤量で上手く競馬を進められたと思う。流石に4角は荒れていた所を通って脚勢が陰る所があったけど、結果はあわやの2着だし、十分、展開に乗った騎乗だったと思う。

フェアリーポルカ

中山牝馬S3着。この不良馬場でも推してちゃんと動いていたのは見事。確かに去年も不良馬場で勝っているし、気にしないタイプなのかな。この馬場で動き出しが早かった分で、脚を使い果たしてしまい止まったけど、ここまでスイスイ動けてこその3着だし、また馬場が悪くなるようなら狙いたいな。

リアアメリア

中山牝馬S7着。比較的馬場の良い所を通れていたけど、見た感じ4角の荒れた所で馬が毛嫌いしたのか、一気に反応が悪くなった。コーナリング中に逆手前になってしまうなど、脚元は気にしていた様子で、手前が逆・進のがイヤ、みたいな所が相まって勝負所で置かれた。

馬場は苦にしていたと思う。良馬場で再度。

ドナアトラエンテ

中山牝馬S9着。迅速な位置取りで折り合いもついていた。全般、文句のつけようはないコース取りだったし、これで4角手応えが怪しくなるのなら馬場以前に実力の問題にもなってくると思う。過剰人気だったんじゃないかな。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする