アクセスランキング 金鯱賞2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

金鯱賞2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

金鯱賞2021 回顧




ギベオン

金鯱賞1着。全くストロークさせなくてもハナに立てる様なユッタリした序盤で楽に行けたのは大きい。開幕週で内が止まらない上にスローとなれば絶好の展開だっただろう。4角から動いて直線残り400mからムチを入れて勝ちに行った分、仕掛け所を選んだデアリングタクトを最後で僅かにしのいだ。

展開分はあったにせよ、前回も脚を使う所を見せるなど復調を感じさせてくれているのも事実。次も力量にあったレースなら馬券検討も必要かも。




デアリングタクト

金鯱賞2着。左手にムチを持っていたし、外側に出して堅実な所で競馬をするのは次走も見据えて狙ってのものだろう。この馬らしく折り合いはついたし、前哨戦としては文句なしの競馬だったと思う。最後はギベオンを軽視したのか残り250mまでムチを入れないなど、仕掛け所を選んでしまったのが裏目。もう1完歩でも早く仕掛けていれば勝てていただけに、悔しい一戦にもなったと思う。

最後の最後でもう一度手前を替えて二段伸びを繰り出す競走精神はこの春も健在。特に不安に思う点は無く、次走GⅠも当然楽しみ。

ポタジェ

金鯱賞3着。外枠から枠なりに堅実な競馬に持ち込んだ。折り合いもついていたし、早めに動いて最後まで伸びたのも立派。デアリングタクトに交わされたのは実力差として、ギベオンを捉えられなかったのは展開分もあるだろう。重賞でもやれそうと言うのは分かったし、次もたのしみ。

グローリーヴェイズ

金鯱賞4着。デアリングタクトを警戒したか残り300mから追い出した分、前を詰め切れなかった。デアリングに結局交わされた分は実力だと思う。ポタジェに最後競り負けたのは重馬場だったし最後は斤量分も堪えたかも。手前はキチンと替えて最後まで伸びているし、これと言って悲観する部分は無いと思う。

キセキ

金鯱賞5着。スタートこそカチ負けたけど、追い切りでも感じた通り馬がちゃんと競馬をしている。あまり扶助を急かさず直線勝負のみに指示を絞ったのが功を奏したのかも。あまり、ああしろ、こうしろと言う乗り方だと嫌気がさしてヤメてしまうからね。

最後は手前を替えて伸びてゴールしていたし、この雰囲気で次回も出て来てくれれば。良いリズムだし、在厩で気を抜かせない調整の方が繋がるかも?




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする