アクセスランキング シルクロードS2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

シルクロードS2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

シルクロードS2021 回顧




シヴァージ

シルクロードS1着。まず自分の競馬をしたのがここで実った。今まで最速上りを使うも届かずを繰り返していたけど、内が荒れていた事もあって前が踏ん張りの利く展開にならなかった分、今までよりは展開有利だった。本番も似たような馬場になるだろうし、チャンスはありそう。

ライトオンキュー

シルクロードS2着。内枠でロスを省くも、荒れ馬場に加速を阻まれた感はある。元々決め手でワンパンチ足りないし、馬場も悪いとなると伸び切れないね。直線半ばまで併せて引っ張って貰ったけど、途中で一頭になったのも伸びに影響はあったと思う。

ラウダシオン

シルクロードS3着。馬場の良い外で先手を取って、この馬のポジション、この馬の競馬が出来た。最後も後方を警戒しつつ自分のタイミングで追えていたし、これで負けたのであれば完敗。もう少し早く追っていれば2着だっただろうけど、これは結果論。

リバティハイツ

シルクロードS4着。勝馬と近い位置で競馬をしたけど、穴人気の分かロスを抑える競馬をチョイス。コーナリングまでロスが無く見事だったと思う。直線中々開かずに呑まれかけたけど、抜け出せていれば2着の脚だったし、鞍上ともどもよく勝負を賭けたと思う。

モズスーパーフレア

シルクロードS17着。素早く先頭に立ってこの馬のカタは作れた。ペースが速かったけど、それでも飛ばして好成績を残している馬だし、乗り方は妥当だったと思う。4角で脚がバラっとしていたし、飛ばして消耗した分、馬場が堪えた所はあったと思う。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする