アクセスランキング フィリーズレビュー2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

フィリーズレビュー2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

フィリーズレビュー2021 回顧




シゲルピンクルビー

フィリーズレビュー1着。JFで手応え一杯の負けだったから、ここはどうかと思っていたんだけどね。ロスを省いて直線だけの競馬に徹して残り250mから一気に追った分、決め手が使えたのかな。ロスなく乗ってギリギリまでタメた騎乗が上手かったと思う。

これまでの走りから能力的には半信半疑だけど、最後は叩き合いで喰って掛かった部分は評価前進。




ヨカヨカ

フィリーズレビュー2着。引き続き競馬上手な所を見せて、難なく好位を取って自分の競馬に持ち込んだ。結果的にもうワンテンポためて一気に追えばとも感じるけど、この馬も最後まで抜かずに走っていたし、実力は出し切った。まず相手を誉めるべき内容。

ミニーアイル

フィリーズレビュー3着。他馬を気にする所があるので、スタートがまともでも下げざるを得ない。と言ってもそれは2歳の頃の話なので、今後改善してくる可能性もあるとは思うけど。タメて一気の競馬なので、前が止まらないとこんなモンだろう。戦術は3歳になっても変わらないという事か。

オパールムーン

フィリーズレビュー9着。最後方待機から伸び切れず9着まで。もうこれがオパールムーンの競馬なんですとしか言いようがない。2歳時のレース振りを見る限り出して掛かる馬なんだと思うんだけど、その分、極端に手控えてくるね。

脚は持ってる馬だし、前が止まってくれれば。どうしても展開に祈る部分は出るけど、ハマれば破壊力があるのは魅力。桜花賞、出られるかどうか。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする