アクセスランキング ファルコンステークス2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

ファルコンステークス2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

ファルコンステークス2021 回顧




ルークズネスト

ファルコンS1着。出負けするも1ストロークめから深く追ったし、逃げは決め打ちしていた感じだね。馬群で掛かっている所は前走も含めて多いので、その分逃げたんだと思う。今回は今までで一番運びはスムーズそうだったし、距離・戦術とも合っていたかも。

最後は早仕掛けしてそのまま粘り切ってゴール。鞍上が手綱を落とした分、モタれて減速したけどそれをカバーしてのハナさ勝利だし、まずまず強さがある。

巨漢馬だけあって幸騎手のムチ連打にも馬が耐えられたも手が合っていると思った。本番も同じ戦術なら面白いと思う。




グレナディアガーズ

ファルコンS2着。小柄な分、斤量57㎏は堪えたと思う。ただ、GⅠ馬である以上、斤量からは逃れられないし頑張っていくしかないね。先行から人気馬を競り落とす上手い競馬はしていた。追い出しのタイミングもバッチリだったしこれで凌がれたなら相手が見事。最後外に膨れなければもう一度ムチを使って交わせていた可能性はある。

モントライゼ

ファルコンS3着。中団で馬場の良い外でタメて、直線も自分のタイミングで追えるなど差し競馬としては文句なし。前二頭が叩き合いで頑張っていた分届かなかった。この日は3F35秒を切るのがやっとの末脚殺しの馬場状態だったし、馬場が合わなかった所はあると思う。

NHKマイルも差し届く流れならやれるとは思う。今回のイメージが残る様なら前で競馬をしてくるかも。

フィリーズレビュー9着。最後方待機から伸び切れず9着まで。もうこれがオパールムーンの競馬なんですとしか言いようがない。2歳時のレース振りを見る限り出して掛かる馬なんだと思うんだけど、その分、極端に手控えてくるね。

脚は持ってる馬だし、前が止まってくれれば。どうしても展開に祈る部分は出るけど、ハマれば破壊力があるのは魅力。桜花賞、出られるかどうか。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする