アクセスランキング フワラーカップ2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

フワラーカップ2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

フラワーカップ2021 回顧




ホウオウイクセル

フラワーカップ1着。相変わらず少しハミを噛んだけど、序盤出して行った割にはこの馬なりに抑えが利いて全般距離はこなしていたと思う。コース取りにロスがなかったし、4角で進路を確保できるなど、かなり上手い競馬になった。馬場状態も味方したし、ほとんど全てが上手く行ったんじゃないかな。




エンスージアズム

フラワーカップ2着。先手を取って混まない所をロスなく回れたと思う。4角もそこそこの位置を通れたし、これで勝てないとなると実力だろう。勝馬が上手く乗っていたのもあるけど、現状だとGⅠは厳しいかも知れないな。

ユーバーレーベン

フラワーカップ3着。今回も出遅れがネックとなった。早仕掛け~4角大外ブン回しというかなり悪い競馬でも直線止まらず伸びており、能力は感じさせる。ゲートさえでればかなりやれるとは思うけど、ここまで殆どのレースで出遅れてるからねぇ…。

イズンシーラブリー

フラワーカップ4着。大外枠から1角までにロスの無い先手を取れたのは文句なしに上手い。道中、少しだけ掛かったけど、まずコース取りは完璧に近かった。最後は失速気味で交わされてしまったし、あれだけ上手い運びで最後シンドくなる様ではちょっとGⅠは厳しいかも知れないな。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする