アクセスランキング 阪神大賞典2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

阪神大賞典2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

阪神大賞典2021 回顧




ディープボンド

阪神大賞典1着。この馬の競馬上手な所が、この重馬場を味方につけた。序盤からかなり出して行ったにも関わらず前に馬を置かずピッタリ折り合うなど、長距離で最高の競馬をしていた。力まず走れた分、馬場を削がずに無駄な消耗を招かなかった分だと思う。

この馬場で上手く走れた分が大きいと思うのが本音で、良馬場で各馬五分の条件になるとどうかな。

ユーキャンスマイル

阪神大賞典2着。序盤死んだフリで後方待機していたのは良くも悪くも2着に貢献したと思う。あれだけ出力を落としたフットワークなら馬場の脆い重馬場でも芝面の上を走れて消耗をより抑えられる。

ただ位置取りを捨てた分、最後はロングスパートになってしまい、上手く乗った勝馬を捉えるまでは行かなかった。重馬場で思いっきり後方に下げるとバテ馬をすくって上位に来れる場合も多いけど、今回は勝馬が上手かっただけに思い通りにまでは行かなかった。

それと、右回りは引き続きインにモタれるね。

アリストテレス

阪神大賞典7着。終始掛かったのが痛かった。無駄に力んでしまった分、一蹴りでのパワーが出てしまっていたハズで重馬場でこれだと地面を削ってしまう方に力を持って行かれてしまうので、消耗がキツくなる。

ゲートで駐立が乱れるなど、この馬らしくない所もあった。パドックで引くときにアゴ元を持つくらいの馬だから、あまり仕上げ過ぎるとこうなってしまうのかも知れないな。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする