アクセスランキング 毎日杯2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

毎日杯2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

スプリングS2021 回顧




シャフリヤール

毎日杯1着。内でコースロスを省いてタメに徹して、最適な回りをしていたと思う。ペースも速かったし、4角で前にいた馬がバテ気味だった分、そこが開くと読めるし安心して無駄に動かずタメに徹せられたのは大きいと思う。

後続のグレートマジシャンを警戒してタメて、最後は一気に追った分凌いだね。相手の失点はあったと思うけど、まず強い内容。

グレートマジシャン

毎日杯2着。外を回った分、インでタメていた勝馬に凌がれた。どうしても内にモタれる所があって直線フラフラしてしまうので、一杯に追う事が出来ず接戦に持ち込まれると脆さが出る。

直線入口などで自由にムチが使えれば勝てていた可能性を感じるけど、実際ムチが使えたのは右ムチに持ち替えた最後の数発だけ。

脚勢で勝って入線している事から分かる通り、地力は高いのは明白なんだけど、どうしてもフルに追えないのがネックになる。

プログノーシス

毎日杯3着。後方待機から直線スンナリ勝負できる位置につけて、懸命に追うも上位2頭が強かった。実力差は感じたな。これ以上となると現状では見込めないかも。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする