アクセスランキング 【大阪杯2021】 最終追い切り所見  3/3 元馬術選手のコラム【競馬】

【大阪杯2021】 最終追い切り所見  3/3 元馬術選手のコラム【競馬】

【大阪杯2021】最終追い切り所見  3/3

ブラヴァス、ペルシアンナイト、モズベッロ、レイパパレ、ワグネリアン




ブラヴァス

栗東 CW 良 水曜日  単 一杯

7F95.4 6F81.0    5F67.0 4F53.4 3F40.0 1F13.5 

金鯱賞10着。1角進入前にギベオンを前に置いた所でかなり掛かった。普段少し噛む馬だけど、前走の噛み方は普段以上だった。無駄に消耗してしまい4角でもう手応えがなかった。いつも程度に折り合えばそれだけで前進はして来るハズ。

時計が目一杯で最後はバテてハミを取らなかった。時計が時計だからそれを悪く言うつもりはないけど、ここで上位に来るにはこの時計でも前進できる余力がないとダメだから…。

49点

ペルシアンナイト

栗東 CW 良 水曜日  単 一杯

6F82.6   5F66.3 4F51.1 3F37.7 1F11.7 

金鯱賞8着。内で上手く折り合いをつけて回れていたし、4角も馬なりで追走が利いていた。これで追って弾けないとなると、馬のエンジンが単に掛かっていないだけと感じる。かなり馬が大人しくなっておりハミを取らない。もっと距離が必要だと思う。

時計は出してもやはりハミを取らず、緩い感じで、重心が下がらずビシっと行かない。能力は高い馬だけど、どうしてもこの歳で大人しくなりすぎているね。ここも距離を含めてどうだろう。

37点




モズベッロ

栗東 坂路 良 水曜日  併せ 馬なり

4F52.6 3F38.1 2F25.5 1F13.1

京都記念8着。まず出遅れる。最後方から追ってどこまでの競馬にどうしてもなってしまう。脚力はハッキリいってGⅠで通用するものではないし、厳しいと思う。この馬も距離がもっとあった方がまだ巻き返しが利く。

追ってジリっぽく、キレの欠く動きなのはどうか。これがこの馬の動きではあるけど、それではこのレースで活躍は出来ない。あまり見込む必要はないかも。

5点

レイパパレ

栗東 坂路 良 水曜日  単 強め

4F52.9 3F39.0 2F25.3 1F12.4

チャレンジカップ1着。序盤から行きたがったけど多分、外の馬が出ムチを使っていてその音に驚いたんだろう。普通ならあそこから掛かりだすとキツくなるんだけど、小型馬の特権と言うか、鞍上が腕力で御せてしまうので抑えが利いた。

単走でも追ってグンっと沈んで、低い重心を維持したまま登り切る真面目さは好感度◎。頑張ってくれる馬で全力は出してくれるハズ。不発・自滅は考えにくいね。あとは力関係。素早い動きで機先を制して早仕掛けすれば或いは。

74点

ワグネリアン

栗東 CW 良 水曜日  併せ 一杯

6F79.5   5F64.9 4F50.8 3F37.4 1F12.4 

京都記念5着。折り合いを気にして追っつけず位置取りが馬なりになるのは、この馬ではいつもの事。ただ、今回に関しては折り合いがつきすぎてしまったくらいで、勝負所で推して行ってもハミを全く取らずで全く闘志を感じなかった。

一杯で二週続けているけど、気配が上向いているとは思い難い。そもそも追って沈まず、頸が使えない状態でストライドの狭くカタいし、パワーをフットワークに伝えきれていない。前走より前進気勢は感じるけど、まだまだ仕上げ余地はある気がする。

38点







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする