アクセスランキング ダービー卿チャレンジトロフィー2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

ダービー卿チャレンジトロフィー2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

ダービー卿チャレンジトロフィー2021 回顧




テルツェット

ダービー卿CT1着。逃先が多いレースで前が潰し合いの様相を呈する中、ガランと開いた後方でジックリ進められた。出遅れはしたけど、いつもの事だし、これは陣営も計算に入れていたハズ。斤量が軽かったのと、前が崩れて来た分も手伝って、直線で一気に交わせた。ムチが入った所でなお重心を下げて加速するなど、動きの良さを見せており今後も楽しめそうな内容もバッチリ入っていた。

カテドラル

ダービー卿CT2着。タメにタメて一気にに狙う競馬を前回に続いてしてきた。チマチマ脚を使うよりは終いの豪脚に賭けて良績のある馬だし、こういう乗り方は大歓迎。4角で勝ち馬の方が動きがよく、追いつけなくなっていたのは斤量の分だろう。自分の競馬に徹してここも脚を発揮できた。今後もこういう思い切りの良い競馬で期待。

ボンセルヴィーソ

ダービー卿CT3着。相変わらずの競馬上手で絶好のスタートから好位を奪取。ここからペースを上げずに徐々に下げていき、ちょっと掛かる所は出たにせよ息を温存できた。直線は上手い事、前がパックリ開いて一気に追えるなど恵まれた部分はあったにせよ、持ち前の立ち回りの上手さを発揮してここも消耗を抑えた競馬が出来た。決め手が無い分どうしても勝ち切れないけど、器用さの要求されるレースはめっぽうやるね。

スマイルカナ

ダービー卿CT14着。序盤で一気に出して手綱を控えた分と、外から交わされた所で馬が掛かってしまった。結果論だけど、行ききるべきだったかも知れないね。3角で既に消耗がキツく手応えが悪くなり、4角でムチが入った所で馬がギブアップ。

馬群でパフォーマンスが悪化する馬だし、ストレスの掛かる競馬になったのも悪かったかな。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする