アクセスランキング 大阪杯2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

大阪杯2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

大阪杯2021 回顧




レイパパレ

大阪杯1着。小型馬あるあるで自重が軽い分、ぬかるみに脚を捉れにくい上に芝面も削らないため相対的に馬自身がコンディションをあまり気にせず走れたのは大きい。
相変わらずすばしっこい競馬で優位に立ち回ったし、ここは全てをモノにした。

モズベッロ

大阪杯2着。なぜこんなに走ったかは分からないので、状況的に馬場を気にしないタイプだったとしか推理要因がない。池添騎手はコントレイルに喰らいつこうとしていた様子だけど、馬が加減して前に行かなかったのが幸いして、結局脚の消耗を抑えられ、終いでコントレイルを差し切れた印象。置いて行かれる良馬場より、後から脚を使って何とかなる重馬場の方が合うんだろうな。

コントレイル

大阪杯3着。不良馬場に近い重馬場で残り800mから動いてしまい自爆という結果に。脚の減りが早い馬場状態だったから、結果論かもしれないけどもう少し温存すべきだった。福永騎手も「この馬なら大丈夫」と言う信頼があったのかも知れないね。グランアレグリアが競り合うために張り出して来てしまい、潰し合いになる形勢になったのも響いた。

グランアレグリア

大阪杯4着。折り合いや、初めてのい距離に臆する事なく外から先手を奪取した手腕は見事だった。実際折り合いもついていたし、道中はかなりリズムよく運べていたと思う。3~4角でコントレイルが来た所で、蓋をされる訳にも行かじと応戦して潰し合いになったのがこの脚の減りが早い重馬場で堪えた。直線入って力尽きていたし、コーナーで大分消耗していたかんじだったね。

サリオス

大阪杯5着。序盤ワグネリアンと接触したり、レイパパレに交わされた所で結構掛かった。追い切りで感じたのと同じ雰囲気だったね。重馬場で脚の減りが早い分、もう少しリラックスしたフットワークならもっと違ったかも。最後は直線ラチ際を攻めるも伸び切れず5着まで。イン強行は狙っていた様子だし、最内は荒れていなかったのかも知れないな。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする