アクセスランキング 阪神牝馬S2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

阪神牝馬S2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

阪神牝馬S2021 回顧




デゼル

阪神牝馬S1着。ゲートが駐立が整わない状態で開いてしまい、出遅れた。Bコース替りで異様な時計の出る馬場状態で致命的とも思ったけどね。決め手が使える馬とは言え32.5秒で上がって来ており、この止まらない馬場でもキッチリ中団から差し切った。脚が減らない好馬場で早め早めに動いた川田騎手の判断も見事だった。変にタメていたら届いていないだろうからね。

追い切りでも言ったけど、とにかく体のこなしが柔らかくストライドが広く取れており、馬が心身ともに充実している。一戦使った後にどう変わるか分からないけど、同じ状態で出て来れればVMでもチャンスはあるハズ。

マジックキャッスル

阪神牝馬S2着。タメて一気の競馬に賭けようとするも、枠がたたって混む所を走るハメになってしまった。鞍上の大野騎手も外蓋で観念してか、早々にインに意識を切り替えて徹した競馬に切り替えていた。普通、上りの競馬になるとバテ馬が出ない分、割って来づらいものだけど、上手く進路を見出してエスコートした手腕は見事だった。

所々詰まりながらで減速を伴っていたので、早めにアクセルを踏んでいた勝馬に遅れたけど、十分見事な末脚を繰り出していたし、この馬もVMでやれる事をアピールできたと思う。

ドナウデルタ

阪神牝馬S3着。この時計が出る馬場でイン前を確保して、直線も自分のタイミングで一気に追えたんだから文句のつけようがない競馬。この馬を交わして行った2頭の脚力がすさまじかったという事だろう。十分良いレースをしていたけd、これは完敗と言う内容だね。

イベリス

阪神牝馬S4着。止まらない馬場状態で、特に邪魔も入らずハナを切れたんだけど、32秒台で上がって来た馬達に交わされてしまった。この馬も33.5秒を出している以上、バテているワケでは無いんだろうけど、まず脚力の差に屈した。粘りが武器な分、決め手比べになると脆いね。

リアアメリア

阪神牝馬S9着。駐立が整わない状態でゲートが開き、後方に。そのまま最後方待機を選択したけど、展開にハネられたね。まぁ、他馬をかなり気にする分、馬群に入れられないだろうから、まともに出ても似たような位置取りだったと思う。

後方でほぼ問題なく進めたし、終いも32.9秒と使っている。位置取りが後ろ過ぎた分、結果は大敗だったけど、前哨戦の内容としては決して悪くないと思う。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする