アクセスランキング 【皐月賞2021】 最終追い切り所見  2/3 元馬術選手のコラム【競馬】

【皐月賞2021】 最終追い切り所見  2/3 元馬術選手のコラム【競馬】

【皐月賞2021】 最終追い切り所見  2/3

シュヴァリエローズ、ステラヴェローチェ、タイトルホルダー、ダノンザキッド、ディープモンスター、ボーデン




シュヴァリエローズ

栗東 CW やや重 水曜日  併せ 強め

6F84.2 5F67.6 4F51.7 3F38.3 1F12.6 

若葉S2着。十分勝てる内容で回って来たけど、勝ったアドマイヤハダルが強すぎた。ホープフルS(5着)でもそうだったけど、道中自体は上手く回って来て余力を残して直線に入るけど、追ってからの決め手が上位勢に及ばない。素直に実力負けだと思う。

思ったより折り合いに淀みがあり、意外にスムーズに走っていないのかもと思った。一週前も併せてそこまで気配が変わっていなかったし、このメンバーでは見劣る。

26点

ステラヴェローチェ

栗東 坂路 やや重 水曜日  併せ 強め

4F54.5   3F39.9 2F25.5 1F12.5

共同通信杯5着。内枠で進路を見出せない競馬になってしまった。スローペースだった分、勝負所のバラけが発生しにくく、2着馬にも強めにチャージされ追い遅れどころか、まともに追える所すらなかった。最後まで脚は確り使えているし、ここは度外視出来る。

最終は控えてタメを作る内容だった様に見えたけど、一週前に追って時計・気勢ともに上手くなかったのがどうか。前回に比べると一週前の時点では動きの重さや気配の薄さが目立ったね。ここまで上手く調整できていたかどうか。

25点




タイトルホルダー

美浦 南W やや重 水曜日  単 強め

5F67.5 4F52.2 3F38.1 1F12.8

弥生賞1着。スローの逃げを作って残り800m過ぎ辺りから仕掛けて、終いも持たせる勝ちに行ける騎乗だった。早仕掛けに賭けた鞍上の判断も見事だったし、これに応えた馬も偉い。馬場状態が良く脚が減りにくいのも味方した。

馬が走ってしまって抑えが利いていないけど、そもそも抑える馬では無いしこの動きで問題はない。同型も不在だし、気分よく逃げてカタにハメれば今年のメンバーなら或いは。

74点

ダノンザキッド

栗東 CW やや重 水曜日  単 馬なり

6F85.9 5F69.3 4F53.7 3F39.2 1F11.9 

弥生賞3着。手控える競馬で完全に本番を意識した前哨戦乗りだった。スローで前にロングスパートを決められてしまい、いくら追っても届かなかった。競馬としては折り合いはちゃんとついていたし、終いも34.2秒と使えており次に繋がる走りをしてい。悲観する要素は皆無。

一週前・最終とも前回よりヘッドの位置も下がっているし、テンション的に落ち着いている。掛かる所のある馬だからこういうのは大きい。終い伸ばした所で頸の躍動も幅広くなっているし、この馬には今まで見られなかった動き。良いと思う。上昇気配。

91点

ディープモンスター

栗東 坂路 やや重 水曜日  単 強め

4F54.6   3F39.3 2F25.1 1F12.5

すみれS1着。ゲート後に大きくモタれたり、4角で置かれたりなどレースは普段から基本的に下手。それでここまで勝ち上がるんだから素質は相当と言う事だろう。不器用な分、皐月賞の舞台が合っているとは思えないけど、上手く回れさえすればチャンスはあると思う。

ハミをキッチリ取って終いまで単走で止まる気配もださずに登り切った。状態は良いと思うよ。後は他馬との兼ね合いや、器用さを可能な限り要求されなくなる展開を祈るだけだろう。素質面だけなら通用するハズ。

68点

ボーデン

※追い切り映像は無し

スプリングS3着。スタート後に交わしてきた13番に釣られてムキになってしまい折り合いを欠いた。その上にランドオブリバティにつつかれて余計掛かってしまい、消耗がきつくなった。それも実力の内と言えばそれまでだけど、乗り方次第で良くはなりそうと感じた。

あれだけ掛かりながら終いは馬場の悪い所でも伸びる気配を見せながら3着まで粘っているし内容はまずまず評価できる。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする