アクセスランキング 桜花賞2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

桜花賞2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

桜花賞2021 回顧




ソダシ

桜花賞1着。内枠を利して序盤から一気に出して好位を奪取。JFと似たような競馬を企図していた感じだね。かなり出して行ったのと馬場が速い分で幾らかハミを噛んだけど、これもいつも通りの事。この大一番でソダシの競馬が出来たんじゃないかな。

テンが速く好位が取れる上に、折り合いもあまり問題なく、終いでも脚が使える等やはり完成度が高い。抜け出してソラと使ってちょっとヒヤッとしたけど、これくらい抜け出せばどの馬もそうなるので、馬と言うよりは展開・騎手要因。

2冠も当然、視野。

サトノレイナス

桜花賞2着。案の定の出遅れで大外枠も相まって最後方待機に。出遅れは毎回の事だから陣営・鞍上も織り込み済みと言った感じで悠然と直線一気に賭けた。コーナーでロスを省く所に潜ったけど、直線残り300mまで開かずで脚勢で若干勝っての入線。

良くも悪くもサトノレイナスらしい競馬になったと思う。出遅れて上手くない競馬になる分、完璧な競馬を常にしてくるソダシに勝てていないけど、この世代では唯一ソダシを負かしうるだけの力を持っている馬だと思った。

ファインルージュ

桜花賞3着。枠が近かったソダシをマークして、ロスも省く絶好の回りが出来ていた。直線も早々と前が開いていたし、完璧な競馬が出来ていた。「どう乗ったら勝てた」と言う要素は全く無い内容だったし、これは上位2頭が見事だったとしか。良い脚は前回に続いて使ってくれたし、重賞で引き続き楽しめそう。

アカイトリノムスメ (ファインルージュと同文)

桜花賞4着。枠が近かったソダシをマークして、ロスも省く絶好の回りが出来ていた。直線も早々と前が開いていたし、完璧な競馬が出来ていた。「どう乗ったら勝てた」と言う要素は全く無い内容だったし、これは上位2頭が見事だったとしか。良い脚は前回に続いて使ってくれたし、重賞で引き続き楽しめそう。

メイケイエール

桜花賞18着。ゲートを大きく立ち上がる様に出て終い、大出遅れでそれまで。前回に続き、やはり馬群で我慢する事が出来ず、周囲の馬を強引に弾き飛ばして外に出ると一気にスイッチが入ってしまって、3~4角をほぼ全力に近い形で回ってしまい体力を枯渇させてしまった。

スタートが全てだった。まともに出ればまた違っただろうし、まだまだ期待は出来る。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする