アクセスランキング アーリントンカップ2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

アーリントンカップ2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

アーリントンカップ2021 回顧




ホウオウアマゾン

アーリントンカップ1着。先手抜け出しのキレイな競馬で勝利したけど、直線残り200mまで待ってようやく後続が追い付いてくる展開だったしレースレベルには疑問符が付いた。まともな重賞ならもっと早くからアオりが来るのが普通だし、ここで重賞かったからと言って大きく評価するのは尚早だと思う。馬場の良い外を意識しながらコースを取っていたのは見事だったと思う。

リッケンバッカー

アーリントンカップ2着。ちょっと行き脚をつけるのに苦労していた上に、直線もそこまでスムーズでは無かった。もう少しスンナリ行けていれば、と言う事でもあるだろうけど、勝馬との手応えは一枚以上違ったし、これ以上の着は見込めなかったかも。現状なりに良く走ったと思うよ。

レイモンドバローズ

アーリントンカップ3着。多少噛みはしたけど、馬場の良い所とロスを抑えられるかなり良い位置取りで回れていたと思う。あれで追って坂でマゴつく様では能力がそれまでだったという事だろう。

ピクシーナイト

アーリントンカップ4着。迷いなくキレイに逃げるも終いで伸びを欠いた。追った所で所々ノメっていたし、重馬場を気にしたかな。確かに530㎏と重い馬だから脆い馬場に脚をとられやすい側面はあると思う。良馬場で反撃はあるかも。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする