アクセスランキング 皐月賞2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

皐月賞2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

皐月賞2021 回顧




エフフォーリア

皐月賞1着。共同通信杯を変わらない気配でギリでタメを作れた。気配的に同じ雰囲気だったし、横山武史騎手もある意味安心してレースを進められたんじゃないかなと思う。一頭になっても全くソラを使わず、坂で後続を引き離すなど強い内容。やはり変に併せたりせず、突き抜け勝ちさせる方が走るね。

ダービーは更に舞台が向いてくると思うし、これは楽しみ。

タイトルホルダー

皐月賞1着。外から好発を決めてこの馬のポジションを素早く奪取出来た事に尽きる。これだけ出して行っても折り合いを保ってくれるんだから、やはり良い馬。GⅠだから4角でアオって来る馬が良そうなものだけど、アサマ・レッド・ダノンの三頭が掛かってバテてくれて、4角の良い所の進路をぶっ潰してくれた分、超大外を回した後続から迫られなかった展開もあった。

ステラヴェローチェ

皐月賞3着。後方待機で折り合いに専念し、4角もイン狙いに徹する一撃狙いの騎乗は見事だった。4角でアドマイヤハダルが外に行ってスペースを広くをしてくれたのも良かった。400mまで微動だにせず一気に追った分、荒れ馬場を踏破して喰い込めた。脚を引き出すために最高の競馬をしていたし、これはまたこのコンビでも良さそう。

この競馬を続けていれば、いつかまた大きい所を勝てる。

アドマイヤハダル

皐月賞4着。内枠を利して、勝ったエフフォーリアをマークしながらロスを最小限に抑えた騎乗が出来ていた。それでも4角で手応えを失い始めていたし、ここは上位馬の方が単純に実力が上という事だったろう。

ダノンザキッド

皐月賞15着。道中、何度も後ろから交わされてしまい完全に折り合いを失っていた。弥生賞で上手く折り合いを作れていたけど、ちょっと4度5度と交わされたんじゃあ、冷静にはしていられなかったという事だろう。

掛かった馬にアオられまくって不運な道中にはなった。ただ、そこを納める様に仕上げるのが調教師さんとジョッキーの仕事だし、その意味では完敗と言う事だろう。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする