アクセスランキング マイラーズカップ2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

マイラーズカップ2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

マイラーズカップ2021 回顧




ケイデンスコール

マイラーズカップ1着。堅実な人気馬の競馬で勝ち切っており強い内容。4角は有力所が3頭ビッタリ後方に張り付いており、本来なら絶好のカモ…という状況だったけど、詰められる所か見事に引き離して見せた。今までバクチの競馬で上位だったから半信半疑だったけど、これだけやれるなら安田記念も面白いかも知れいないね。

積極策を採る岩田騎手から乗り替わったのも思いの他収穫だったのかも。

アルジャンナ

マイラーズカップ2着。ロスを抑えて直線の競馬に賭けるも、外線が渋滞してしまい中々出て来られなかった。インがガラ開きだったけど、馬場状態を考えると外が欲しい所だし、詰まったのも致し方ないかも。開いてからは結構良く伸びていたし、五分のタイミングで追えていればと言う内容。強い競馬はしていたと思う。

カイザーミノル

マイラーズカップ3着。このハイペースで序盤から馬をアオりっぱなしだったし、どうかと思ったけど終い粘り気を出して3着を確保。止まらない馬場状態で気分よく行かせたのが良かったのかな~。激走の理由は良く分からないけど、気性的に爆駆けもあるタイプだったという感じはする。

ダイワキャグニー

マイラーズカップ4着。序盤ちょっと速めになりはしたけど、概ねベストは尽くしたと思う。以前は道中の手控えなんてできない馬だったけど、やはり去勢して時間がたった分、譲ってくれる大人しさは出て来ている。もうひと粘り足りなかったけど、馬場も速く後方の脚力自慢に有利な状態だった。

エアロロノア

マイラーズカップ5着。スタート後は少しモタついたけど、いつもこんな感じなので極端にイメージから外れた競馬にはならなかったハズ。強い馬なら十分勝ち負けに参加できる位置取りで競馬をしていたと思うけど弾けが足りなかった。

坂で更に伸びて来る上位馬に追いすがれずの敗北で、実力負けかなという感じ。あと一つギアがありそうなんだけど、入らなかったね。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする