アクセスランキング フローラステークス2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

フローラステークス2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

フローラS2021 回顧




クールキャット

フローラS1着。府中2000mでは不利な外枠からロスは被りながらも、まずまずの内容で先手が取れた。上手く2着馬の後ろで折り合いに専念できたのは大きいと思う。フェアリーSとかでも抑えが利かず前に行ってしまい大敗ってのがあったんで気にはしていたけど、この距離でも我慢が利いたのは収穫だろう。

ペースが落ち着いたとは言え、上がりの速い所は使えたし、本番も楽しめそう。

スライリー

フローラS2着。好位を奪取して、ペースの緩い中でレースを進められた。前走が直線塞がっての大敗だったんでやれるとは思っていたよ。4角で馬がスパートに入ろうとしたのが勝負の分かれ目だった気がするけどね。あそこで待たせて直線一気に追う形になって勝馬に競り負けたけど、もしあそこから早めスパートだったらもしかしたら結果が違っていたかも知れない。穴馬らしい騎乗も手だったと思うよ。

ユーバーレーベン

フローラS3着。デビュー6戦目にして初めてまともにスタートできた。内枠だったし、デムーロ騎手ならインに潜りそうなものだけど、序盤~終盤と外に構えて行ったね。気性的に万全とは言えないから、馬群は避けたい思惑はあったのかも知れない。現に外で少し掛かっていたし。

33.2秒で上がったし、最後は位置取りの差で負けた様なものなので悲観はしない。ただ、優先出走権と賞金を取れなかったのは今後の競走馬人生に響きそうだね。

オヌール

フローラS8着。終始促しながらで追走がそもそも手苦しい感じではあった。どこか悪かったのか、実力がそこまでなのか分からないけど、前に上位勢を見ながらの競馬だったし、位置取りは文句なしだったハズ。これで伸びて行けないんであれば、まず完敗と言う事だろう。まともに考えれば実力不足。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする