アクセスランキング 青葉賞2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

青葉賞2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

青葉賞2021 回顧




ワンダフルタウン

青葉賞1着。内枠を利して府中2400mで絶好の流れに乗れた。前に馬がどんどん行く流れの中で全くついて行こうという気配も出さず、折り合いをつけてくれたのは馬も偉かった。道中は周囲に馬のいないストレスの掛からない場所が形成されていたし、かなり楽に運べたんじゃないかな。

4角もバテ馬の蓋が外れたタイミングでほぼ最短で外にだして直線を迎えられており、最大級に完璧な競馬になっていたと思う。

追い切りでも感じたけど、左手前で決めて来るね。タメが利いた分、左手前のスパートで最後も伸びていたし、併せると手前を替えてくれるなど、馬っぷりは頼もしい。

今回は完璧なレースをしてのものだったし、ダービーも余程ハマれば。

キングストンボーイ

青葉賞2着。ゲート後に隣の馬とぶつかるも、テンションを乱さないのは流石大型馬…だったんだけど、1角でレッドヴェロシティの張り出しを受けたら流石に掛かってしまったね。こういうのは累積性な所もあるので、序盤の接触が無ければ乱れていなかったかも分からない。

あれで位置取りも後ろになったし、あれは痛かったと思う。

序盤のロスを気にしてか、3~4角は馬をインに入れてチャンスを狙うあくまでも勝ちに行く騎乗は流石。ただ、前走もそうだけど、ラチを頼ってしまう所はあるので、ベストは大外一気追いだと思う。今回も追ってラチ際に到達してしまい、残して追うハメになった。

手前を替えてからは良く勝馬と競ったし、この展開であれだけやれたなら勝馬よりは素質上位という評価になるだろう。

レッドヴェロシティ

青葉賞3着。どうしても馬群に入れるとヘッドアップして走らなくなる。折り合いは終始欠いていた感じで、最後の止まり方からも2400mは長かったと思う。外に出してからは幾らか気分も落ち着いていた様子だったし、やはりストレスの掛からない競馬が必須。ロスがあってでも外を回した方が走るかも知れないな。

テーオーロイヤル

青葉賞4着。後方待機は決めていた様だし、やはり他馬と競る方が走るんだろう。これぞ追い込みと言う位の追い込み競馬で最速33.9秒と繰り出すも序盤で手を作っていた上位勢を呑み切れず4着まで。ほぼ実力勝負で着を上げていたし、前が崩れていれば勝ちもあったハズ。

後方待機は、一定以上運頼みになる騎乗だから展開が向き切らないなかでこれだけやれたのなら評価。やはり能力はあるね。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする