アクセスランキング 天皇賞春2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

天皇賞春2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

天皇賞春2021 回顧




ワールドプレミア

天皇賞春1着。他の上位勢に比べて折り合いがついた事に尽きる。最初の直線から向こう正面まで、前の馬がリードを広げていく中、一騎だけついて行かず体力を温存出来た。向こう正面では上手くディープボンドとアリストテレスをマークして進められたし、コース取りもほぼ完璧だったと思う。

他の上位勢は前に行って消耗が有った分と、カレンブーケドールが早めに動いた分で余計に脚を使わされてしんどかったけど、この馬をそれらを見ながら最後に脚を使っていた分、消耗を最小限に抑えられた。4角でもこの馬だけ馬なりだったし、折り合いをつけて完璧な競馬をしていたと思う。

相変わらず右手前で決め手くるね。

ディープボンド

天皇賞春2着。序盤から好位の手を作って、前に馬を置かなくてもレースを通じて完璧に折り合うレースメイク力を見せつけた。内にいたカレンブーケドールを意識して、離されずついて行った様子。3200mのレースで残り1000mから動いて後続にほぼ譲らずの競馬をしたんだから、誉めてあげるべきだろう。結果的に一寸待っても良かったかも知れないけど、あまり反応していなかった様だし、タメても切れなかったかも。

カレンブーケドール

天皇賞春3着。やはり競馬上手で、内枠からスンナリ先手を取って且つ折り合いもつけられた。道中はいつも通り完璧に近い運びだった。最後の3角入口で一気に動いて勝ちに行ったね。かなりのギャンブル騎乗だったと思う。もっと人気薄ならそのまま行かせてくれただろうけど、有力所が殆どついてくる結果にもなってしまい、フリーにしてもらえなかった。

早めに動いた分、坂で止まったけど勝ちに行く競馬をしてのものだし、これはこれで尊重する。

アリストテレス

天皇賞春4着。序盤で掛かったのが響いたと思う。カレンブーケドールとコスってしまった所でテンションが上がってしまった。あそこは耐えてくれという話だけど、どうもここの所よく馬が掛かるね。序盤で掛かって消耗した上に早仕掛けの流れに付き合わされたから、燃料をムダに使ったこの馬には痛かった。今は長距離はこなしづらい馬と言う印象だね。

ユーキャンスマイル

天皇賞春7着。後方でハミをブン投げて折り合って待機する、この馬の競馬はここでもしていた。向こう正面で外狙いだったみたいだけど、混んで突破出来ないと判断したのか、内に進路を切り替えたが、これもこれで裏目。4角でインが壁になってしまい、完全に追い遅れてそれまで。いずれにせよ、最後は一杯だった感じだしスムーズでも知れていたかもな。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする