アクセスランキング 【京都新聞杯2021】 最終追い切り所見  1/3 元馬術選手のコラム【競馬】

【京都新聞杯2021】 最終追い切り所見  1/3 元馬術選手のコラム【競馬】

【京都新聞杯2021】 最終追い切り所見  1/3

アナレンマ、ヴェローチェオロ、エスコバル、ゲヴィナー、サイモンメガライズ、サトノマジェスタ




アナレンマ

※追い切り映像はなし

大寒桜賞5着。重馬場で手前を替えてくれないのでは流石に伸びない。新馬戦を見ても左手前に偏っている様子なので、右回りはプラスには働くと思う。まだ脚の運びがバラっとしており、決め脚がイマイチ。重賞でどうか。

ヴェローチェオロ

栗東 坂路 良 水曜日  併せ 強め

4F53.3 3F39.1 2F25.6 1F12.9

ひめさゆり賞1着。特段競馬下手な所も無く、大体のレースで勝負になる位置まで上げてくる。ただ、決め脚もう一つで中々勝ち切れない。ヘッドも高く決め手が足りなくなりやすいフォームだし、重賞で信頼するのはどうか。

53.3秒で終いも12.9秒と浅くなってしまったし、相手に抜かれても抜き返す気勢を見せてくれていない。あまり強い馬には見えないな。今回の相手ならそれでも上位にくるかもだけど。

42点




エスコバル

美浦 南W 良 水曜日  併せ 馬なり

5F70.7 4F55.0 3F41.1 1F13.4

すみれS5着。インをロスなく回るあの競馬で5着に負けたのか、と思うほど冴えが無かった。追ってヘッドアップしてしまい、馬が競っていなかったね。道中で硬くなる所も所々見受けられるし、良い馬と思いにくい所がある。

やはり追い切りでも併せて硬くなると言うか、折り合いがつきづらい気配の所がある。2200mは本質的に合わないかも知れないな。もう少しユッタリした気配がないと、終いで余力が残らないと思う。

38点

ゲヴィナー

栗東 CW 良 水曜日  併せ 馬なり

6F85.3 5F69.0 4F54.0 3F39.6 1F11.6

未勝利戦1着。重馬場でも前進気勢を失わずに走り切れており、評価は出来る。ただ、立ち回りが上手い以上の競馬が望めるかどうかは何とも言えない。これまでのレースを見る限り鋭い脚を使えるワケでも無さそうだし、様子見で良いかも。

ジョッキー騎乗の終い重点だけど、追わずに11.6秒を出してくるならこのメンバーの中での動きとしてはまとも。引き続き折り合いもつきそうだし、上手く回って来れればチャンスはあると思う。

64点

サイモンメガライズ

栗東 坂路 良 水曜日  併せ 馬なり

4F55.0 3F39.6 2F25.5 1F12.5

アーリントンカップ16着。後手の競馬から直線全く伸びず、殆ど脚を使えないまま失速。完全な実力負けでここも当然見込みづらい。二走前の1勝クラスも追って着を上げられていないし、脚力に疑問。先手に出れば少しは前進するか。

頭が高いのでシンドそうに見えるけど、追った時にキチンとしたフォームになっており思ったより良く見える。時計から見劣りはするの変わらないけど、アC16着よりは前進してくると感じた。

54点

サトノマジェスタ

※追い切り映像はなし

未勝利戦1着。鈍重な気配のある馬で、どうしてもジリ脚気味になる。ダートっぽい走りをするけど芝に出続けるのは高額取引馬だからなのかな。未勝利戦を何とか勝ち上がったレベルで素質らしいものはあまり感じないし、どうか。





70.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする