アクセスランキング NHKマイルカップ2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

NHKマイルカップ2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

NHKマイルカップ2021 回顧




シュネルマイスター

NHKマイルC1着。前が行き合ってくれたので、ガランとしたスペースでタメを作りながら進められたのは大きい。最初の600m33.7秒は過去10年で最速ラップだったし、まず待機したこの馬には向いた。

展開はどハマりしていたし、脚もあのペースで34.0秒なら使ってるとは思う。もう少し爆発力が出て来ないととは思う。もっと上のメンバーでやるとなると、積極策に出ないと厳しいかなと言う印象。

ソングライン

NHKマイルC2着。3角入口でタイムトゥヘヴンに当てられて掛かって位置取りがかなり前になったにも関わらず、終いでも良い脚を使って伸びており強い競馬をしている。タメがキチンと利いていれば勝てていたハズで、あのハイペースでこの走りが出来たなら楽しみ。

最後左手前に替えた時にモタれてしまったのは苦しかった分かな。この馬は引き続き期待が持てる。

グレナディアガーズ

NHKマイルC3着。序盤、行かせて行かせての競馬だったので、手綱を引いた所で掛かってしまった。ハイペースには巻き込まれる形になったし、折り合いもついていなかったのに坂の途中まで脚勢を維持して3着に残したのは展開を考えれば大したもの。

押し寄せる差し追い馬を凌ぎ切ったし評価は大幅前進。今後もGⅠで勝負していけそう。

ホウオウアマゾン

NHKマイルC9着。ハイペースでガンガン進めてしまい、道中も手綱を引かず速度を出していた。これで凌ぎ切る実力が無かったという事だろう。展開は全く向かなかったし、仕切り直しの余地はあると思う。

ルークズネスト

NHKマイルC10着。やはりハイペースは堪えた。速度乗りさせた所で手綱を引く形になった上に、元々馬群で掛かる馬だからどうしてもスムーズにレースが進められなかった。同型が潰し合う流れに巻き込まれたし、単騎ならまた全然違うハズ。展開負け要素も大きいので度外視幅はある程度ある。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする