アクセスランキング 京王杯スプリングカップ2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

京王杯スプリングカップ2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

京王杯スプリングカップ2021 回顧




ラウダシオン

京王杯SC1着。序盤からスンナリ好位に出て折り合えたのが大きい。前走けっこう掛かったにも関わらず、こうやって好位を攻めていけるのはデムーロ騎手ならでは。道中の消耗さえなければ終いで粘れる馬だし、久しぶりにこの馬の競馬が出来た感じだね。

本番も気難しさが出なければある程度残して来るかも知れないな。

トゥラヴェスーラ

京王杯SC2着。インに潜って直線ギリギリまで追い出しを待つ、キレ脚を使わせる好騎乗だった。捌くのが遅れて目一杯に追えたのは残り250mだったけど、イン突きから上手く捌けないのは往々にしてあるし積極策のウラで致し方ない。

脚勢で勝っていたし、早く馬群が捌けていればと言う内容。本番も同じ一発狙いならまた喰い込みも期待できると思う。

カイザーミノル

京王杯SC3着。道中やや狭くなったけど、それでも平静を失わなかったのは流石。インの好位から終い目一杯に追ったけど、勝馬には届かなかった。脚を持っていないから、前で速度を出されると交わせずきつくなる。今回はより積極的に前に出して行ったデムーロ騎手とラウダシオンに軍配が上がったと見るべき。

ミッキーブリランテ

京王杯SC4着。道中でラウダシオンの後ろを取りかけるも、内からカイザーミノルが競り出て来てしまい位置取りが1馬身後ろになった。追って33.3秒だったことを考えると、あそこで下がったのは痛かったかも。直線は高速馬場で追っても追っても届かない状況。馬自身は頑張ったけだけに、位置取りの差に泣いたのが悔やまれると思う。

シャインガーネット

京王杯SC6着。序盤、ボンボンとぶつかって最後方待機になっても32.7秒を使って6着まで上げて来たんだから評価できる。スムーズならもっとやれたと思うよ。やはり芝でこその馬と言う事だろう。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする