アクセスランキング ヴィクトリアマイル 2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

ヴィクトリアマイル 2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

ヴィクトリアマイル 2021 回顧




グランアレグリア

ヴィクトリアマイル1着。比較的内目の枠だったけど、ジワっと外に出して、サウンドキアラの後ろ、外の好位を折り合ってキープ。結果的にあの位置に出た時点で勝ちは決まっていたね。先頭に立つまでムチは使っていなかったし、もう次元が違ったとしか。

ランブリングアレー

ヴィクトリアマイル2着。最初から左手にムチを持っており、イン回り→外に出して一気に追うという作戦は狙っていたんだと思う。外を通ったグランアレグリアとのコース差ではかなり有利に立ち回れていたし、完璧に乗ったと思う。これで勝てないなら相手が怪物でしたで済む話。人馬とも非常によく頑張ったと思う。

マジックキャッスル

ヴィクトリアマイル3着。ずっとインでタメており、この高速馬場で一番ハマる騎乗が出来ていたと思う。いつもそうだけど、坂で追った時に手応えほど伸びていない気がするんだよな。今回も坂で最後の仕掛けになったけど、お尻にムチが何発も入った割には突き抜けなかった。実力なのか、坂を気にしたのかは分からないけど。

レシステンシア

ヴィクトリアマイル6着。道中珍しく掛かってしまった。恐らくだけど、ゲート直後に躓いておりそこでハミを噛んだ・ハミがハマった可能性があると思う。その後序盤から出して行ったからいつものリラックスした運びが出来なかったのかなと思う。

テルツェット

ヴィクトリアマイル14着。出遅れるのは想定の範囲内。とは言ってもそれを巻き返して上位に絡める実力は無かったと言う事だと思う。イン強襲はハマったし、終い33.5秒が現状の実力という事じゃないかな。今はまだG1でと言う馬では無いと感じた。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする