アクセスランキング オークス 2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

オークス 2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

オークス 2021 回顧




ユーバーレーベン

オークス1着。前回に続いてスタートは決めたし、向こう正面で外にだしてストレスなく進めてていたはこの馬には大きかった。4角かなり外に回ったし、終盤で掛かり気味だったけど、あれで伸びたなら強い。ペースが速かったのも味方したな。前は全滅したし。

ソダシ

オークス8着。序盤で外からステラリアに並ばれた所で掛かってしまった。あそこでスルー出来ず引っ張りっぱなしの道中で、あれでは終い持たないのは自明の理。ハイペースで飛ばし続けて8着なら頑張っているとは思うけど、まず折り合いに泣いた。

アカイトリノムスメ

オークス2着。ソダシをマークしながら競馬をしたのが裏目に出てしまい、直線はソダシが壁になって追い遅れてしまった。追ってからは勝馬に若干勝った脚勢だったから、最適なタイミングでアクセルが踏めていれば。インを突いた以上、壁が出来るのは当然のリスクだし、ここは運が無かったし目論見外れ。

序盤、思ったより外を気にして折り合いを欠いたな。それをロスなく回る形でリカバリしていた。

ハギノピリナ

オークス3着。出脚の鈍い馬なのでか、後方待機は決め打ちだったみたい。ペースは流れたし、序盤で決めて掛かったのが良い方に出た。マクり競馬をしていた馬で、エンジンの掛かりが遅い様子なので4角大外でムチ連打しながらなのは妥当性の高い騎乗だったと思う。

かなりハマった部分はあるにせよ、それに賭けて騎乗していた感じだったし、まず見事。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする