アクセスランキング 日本ダービー2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

日本ダービー2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

日本ダービー2021 回顧




シャフリヤール

日本ダービー1着

1角でサトノレイナスに交わされた所で掛かりかけたが、福永騎手が上手くハミを掛け替えながら乗ったお陰で向こう正面で馬が我に返ってペースを守りながら進められた。手綱を短く持つ福永騎手だからこそ、微妙なハミのタッチを馬に伝える事が出来てコンタクトできたと言えると思う。

ソツなく乗れた分、好位を取り合った各馬に比べて消耗が少なかったし、直線で前壁だった事もあったにせよ、最後の最後に一気に追えたのが大きいと思う。

馬も最後手前を替えて勝負しに行っていたし、人と馬が協力し合う最高の競馬が出来ていたと思う。

エフフォーリア

日本ダービー2着

折り合いを意識しすぎずこの大舞台でも序盤から積極的に出して行って好位を狙った騎乗は評価して上げて良い。ただ、最初から出して行った分、1角で手綱を持ってタイトルホルダーに交わされた所で掛かってしまった。

今までも手綱の硬くなる所のある馬ではあったけど、この大一番で今までよりかなりキツめに運んでしまい消耗したのは末脚が最大の武器であるこの馬には響いた。

直線は上手く空いて400m手前から一気に追えたが道中の消耗があった分か突き抜けきれなかった。それでもシャフリヤールが後ろから来た所で馬も伸び返していたし、強さを見せた。

思い切りよく乗って上手く行かなかった所はあるけど、悔いの無いダービーになったと思う。

ステラヴェローチェ

日本ダービー3着

これまで通り、後方でタメる競馬を迷わずチョイス。ただ、ペースがあまり速くならず好位の取り合いになってしまったために4角がごった返して大外振らされたのは、後仕掛け組のこの馬には響いた。ストライドが大きいからイン狙いって馬でもないし、若干ムダ脚を使わさせられたのは展開としか言いようがない。

道中あまりフカ差なかった分、好位争いをしていた各馬をスクって3着入線。トータルで見てかなり上手く行った部類だと思う。

あと、直線入った所で落鉄してるな

グレートマジシャン

日本ダービー4着

無難に回って無難な着順になった印象。好位を取りに行った各馬は確かにバテて失速していた馬も多かったけど、かと言って無難に回ればこの着順になる、と言う事をこの馬が示していたと思う。

実力は示したと思うけど、攻めの姿勢は他の人馬に比べるとあまり感じなかったな。

サトノレイナス

日本ダービー5着

この大一番で初めてまともにスタートを切った。少し掛かり気味だった事と、好位の取り合いの様相を呈した事もあって前に進出して末脚勝負を捨てた。道中ジワっと好位にいられたのは良かったかも知れないけど、3角でディープモンスターとアドマイヤハダルにアオられてしまい、馬にスイッチが入ってしまいスパート体勢になり終いで持たなかった。

待ちの騎乗から攻めの騎乗へ転じて思い切りよく乗ったと思う。この馬も悔いのない一戦になったと思う。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする