アクセスランキング 安田記念2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

安田記念2021 回顧 【元馬術選手のコラム】

安田記念2021 回顧




ダノンキングリー 安田記念1着

外枠から素早くインに入れ、前に壁を作りつつ、グランアレグリアを閉じ込めた騎乗は光る。これが結果的にグランアレグリアに外を模索させる動きを誘発させて、位置取を後ろにさせたのは大きい。

結構スローになったけど、折り合いはむしろついていた位でムダに消耗しなかったのは偉かった。結構、湿気もあったし気性の悪い馬には癪にさわるコンディションだったハズだけどね。

最後は手前を替えて脚力でグランアレグリアに勝ったし、騎乗・馬とも文句なしの競馬をしていたと思う。

グランアレグリア 安田記念2着

序盤ダノンキングリーに外から被せられて、外に進路を模索するためか後方に下げたのが響いた。同勝負服の馬たちも遠慮なく進路を塞ぎに来てしまい、外に出す事が出来なかった。ルメール騎手もここで切り替えて4角はイン突き狙いだったけど、流石に壁に阻まれて追い遅れた。

無駄に消耗させずに待機して300mで勝ち筋が見えるまで全く追わなかったのは流石。もう少し前で且つ、自分のタイミングで追えていれば分からなかった一戦なだけに各馬の包囲に今回はしてやられた。

シュネルマイスター 安田記念3着

外枠故に前に壁を作れず、且つ、出しても行ったので掛かってしまったのは痛かった。それでも全般ロスのないコース取りになったし、外枠なりに上手い競馬は出来ていた。最後はキレ負けとなったけど、まだ心身ともに成長途上の3歳春だしこれからもっと大きくなれそうな予感のする3着だった。上位二頭とは手前を替えたかどうかの差だね。この馬は手前が替わっていなかった。

インディチャンプ 安田記念4着

素早く先手に出て、出して行った分、口を割るくらい掛かりかけたけど前に壁があったお陰でなんとか持たす事が出来た。直線も早々に前が捌ける、福永騎手らしいソツのない競馬が出来ていたと思う。

グランアレグリアを待って追い出しを遅らせていたけど、一気に追った所でキレ負け。結果論だけど、早仕掛けで畳みかける競馬の方が勝算を見出せたかも知れないね。

サリオス

安田記念8着。直線で中々伸びず、グランアレグリアと進路のかち合いになった所での反応で負けた分、後退してきたラウダシオンの煽りを受けてロスが発生する形になってしまった。あそこの反応を見る限り、まともに進路を確保出来ていても勝ち負けは出来ていなかったと思うけど、少なくとももっとやれたのは確か。割り増しはして良い。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする